園児の健康

こんなことに気をつけましょう感染症の登園基準予防接種について

保育園は同年代の子どもたちが、長時間一緒に生活しているため、病気に感染する機会が多くなります。抵抗力も不十分なので病気にかかりやすいのですが、同時に病気を乗り越えるたびに、自分の身体を守る免疫の仕組みを作っていきます。

○ 朝ご飯をしっかり食べてから、登園するようにしましょう。
栄養のバランスが取れた食事をさせましょう。
○ 日常生活の習慣を身につけましょう。(夜更かし、朝寝坊に注意)
(成長ホルモンは夜8時から朝6時の間に脳から分泌されます)
○ 薄着で活動しやすい服装を心がけましょう。(大人より1枚少なく)
3ヵ月までの赤ちゃんは、大人の着ている枚数プラス1枚。4ヵ月以降は大人と一緒か1枚少なめ。それ以上の幼児は大人より1枚少なめがめやすです。薄着にしておくと、自律神経の働きも高まり、体温調節の力が強くなります。
○ 靴は足に合った、はきやすいものをはかせましょう。
○ 爪の伸びすぎは危険です。こまめに切ってあげましょう。
○ 受けることのできる予防接種は、計画的に受けましょう。
○ 毎朝検温し、体調の悪いとき、ぐずる、食欲がないなど、不調に気づいたときは早めに受診し、休養させましょう。
病気のときはもちろん、元気がない、疲れているなど、いつもと様子が違うときも、必ずお知らせください。
○ 病気でお休みするときは、症状や状態もお知らせください。
感染症の診断を受けた場合は、ただちに園までお知らせください。感染症の種類によって(学校伝染病)は出席停止の措置が必要な場合がありますので、必ず医師の許可を得てから登園して下さい。
その際、意見書(医師が記入)の提出が必要です。ただし、学校伝染病の『その他の伝染病』に関しては、登園届(保護者が記入)でも結構です。

登園届も受診は必要です。
※『意見書』『登園届』は保育園にあります。

○ 登園後、具合が悪くなったり、緊急のケガの場合連絡をし、お迎えをお願いすることがありますのでご協力をお願いします。
発熱はおよそ37.5℃をめやすに平熱より1℃以上高い場合、食欲、機嫌、せきなど様子を見て連絡します。熱はなくても、元気がない、嘔吐、下痢のひどいときは連絡します。また、すぐにお迎えをお願いしない場合でも、ケガの状態や、体調の変化などを連絡し、その後の対応について相談させていただくことがあります。
○ 原則として、保育園では事故防止のため薬は飲ませませんのでご了承ください。
保護者が登園して与えていただくのは可能です。
薬を飲まなくてはいけない体調のときは、基本的には園をお休みし家庭保育、または病後児保育施設を利用することが望ましいと思います。
アレルギー、ひきつけなどの、医師の診断書により薬をお預かりする場合があります。どうしても必要な薬の指示が出た場合はご相談ください。
○ 病院を受診するときには、保育園に通園していることを必ず医師に伝え、指示を受けましょう。
薬をもらうときは、何時から何時まで保育園に在籍し、園では原則として薬の使用ができないことを医師に伝え、朝・晩の2回にできないか、1日3回の薬を朝・降園後・寝る前などにできないか確認しましょう。
病後の登園は体力が回復するまで静養することで、余病が防げます。
医師に集団生活ができるか、良く相談して登園させましょう。
○ 食物アレルギーなどで医師の指示による除去食が必要な場合は、申請をしていただきます。必要な書類は園にありますので、ご相談ください。
入園したばかりのときは、緊張や不安で体調を崩しやすく、はじめての集団生活で病気になったり、ストレス症状(腹痛、嘔吐、下痢、便秘、食欲不振など)がでてくることもありますので、まわりの大人が、ゆったりと暖かく見守りましょう。
体調が悪いときは、お母様やお父様とお家でゆっくり過ごすのが一番ですが、急に仕事を早退したり、休んだりすることが困難なときもあるかと思います。
そんなときに備えて、日頃から祖父母等にお願いしておいたり、病後児保育やファミリーサポートセンターに登録しておくなどの対策をとっておきましょう。
こんなことに気をつけましょう感染症の登園基準予防接種について